G.Earrings

ゴールデン・イヤリングスのバンド紹介

2011年5月の県立美術館ライブのあとで、オールディーズバンド「The Monaurals」のリーダーから、欧州サウンド・インストバンドの誘いがあり、興味本意で始めました。
初練習は2011年6月25日です。
寺内さんの曲に比べたら簡単かなと思っていましたが、なかなか奥が深くて苦労しています。(^^;) ギターはPRSを使用しています。

バンドメンバー(当初)  

(RG、リーダー) W氏 
(L.G) YOSSY 
(B.G) SHIGE 
(Drs) M氏 
(K.B)TARRY





  バンドメンバー(3代目ベース)  

(RG、リーダー) W氏 
(L.G) YOSSY 
(B.G) T氏 
(Drs) M氏

キーボードが転勤で不在となり、ベースギターも交替しました。 
  •  
  • 演奏曲目の紹介

  • 1.哀愁のカレリア
    スプートニクスの「霧のカレリア」ではなく、フィーネーズの演奏曲。アレンジが少し違い、単調なようですがニュアンスの難しい曲です。
  • 2.さすらいのギター
    サウンズの演奏曲。私が弾くと寺内バージョンになってしまうので、リズムギターにメロディーをまかせています。

    3.夜霧のレニングラード
    これもフィーネーズの演奏曲。あまり知られていない曲ですが、ディレイの効いたノリのいい曲で気持ち良く弾いています。

    4.エマの面影
    サウンズの演奏曲。この曲も私が弾くと寺内バージョンになってしまうので、リズムギターにメロディーをまかせています。

    5.春がいっぱい
    シャドウズのヒット曲です。スローバラードの曲を気持ちよく弾いています。この曲はキーボードがストリングスで入ります。

    6.ゴールデン・イヤリング
    バンド名になったサウンズの演奏曲。アップテンポで指運が難しく、リズムギターにメロディーを替わってもらいました。
  • 7. I Listen To My Heart
    クリフターズの演奏曲。ドラムが結構難しい曲ですが、メロディーが優しい曲です。この曲もキーボードがピアノで入ります。

    8.夜霧のハイウェイ
    アベンジャーズの演奏曲。テンポが速過ぎてドラムがつらいので、現在は休止中です。

    9.真夜中のビート
    サウンズの演奏曲。クラシック曲「ハンガリア舞曲」のアレンジ版です。これもリズムギターがメロディーを担当しています。

    10.悲しきコサック
    スプートニクスが一時期「ザ・ロケットマン」という曲名で演奏していましたがこれはクリフターズの演奏。アップテンポの楽しい曲です。

    11.涙のギター
    寺内バージョンでも弾いていますが、これはスプートニクス。ドラムがカッコよく入ります。キーボードのために追加した曲です。

    12.モスクワの灯
    これもキーボードのために追加したスプートニクスの演奏曲。途中でキーボードのロシア民謡「ともしび」とギターの掛け合いが入ります。

    13.テルスター
    これもキーボードのために追加した、トーネードースの演奏曲。オルガンの音色が宇宙を飛び交うテルスターの雰囲気をよく出しています。
  • 14.さらばシベリア鉄道
    大瀧詠一さん作曲のインストバージョン。私の希望でレパートリーに入れてもらいました。スラップベースがカッコイイです。現在練習中。

    15.夢見るギター
    スプートニクスの曲です。キーボードのために追加しましたがテンポがよくて気持ちのいい曲です。
  • 16.悲しきヤングラブ
    フランスのレ・プレイヤーズが1963年にヒットさせた曲です。日本人好みのしっとりとしたメロディーです。
  • 17.見上げてごらん夜の星を
    ご存知坂本九さんのヒット曲です。
    スプートニクスの演奏をコピーしました。さらばシベリア鉄道に続く歌謡曲です。
  • 18.ロンリーギター
  • 19..アパッチ
  • 20.夢の金星号
  • 21.霧のロザリオ
  • 22.ブルー・スター
  • 22.空の終列車
  •  
  • ライブ写真 (スライド・ショー)
  • 2014.5.25 県美術館ライブ 2013.5.26  県美術館ライブ
    2012.5.27 県美術館ライブ 2012.5.3 北条鹿島ライブ
    2012.4.8 杖ノ渕公園ライブ 2012.1.7 二の丸庭園ライブ