レパートリー

演奏曲目の紹介

送料無料 1st Stage

 (2008-2009)

 



1.ブルージーンNo.1
寺内タケシ&ブルージーンズのオリジナルの第1番。第一期ブルージーンズ時代の2ndギターの加瀬邦彦さん(後のワイルド・ワンズのリーダー)が作曲した日本で初めて生まれたサーフィン曲。寺内さんのダイナミックなアレンジが気に入っています。我がブルー・レイズが手懸けた最初の1曲。まさにブルー・レイズNo.1とも言える曲です。

2.さすらいのギター
ザ・スプートニクスと並ぶヨーロピアン・サウンドバンド、ザ・サウンズの代表曲。哀愁をおびたメロディーが印象的です。後にベンチャーズも演奏してヒットしました。ザ・サウンズやベンチャーズの演奏とは異なり、寺内さんはいろいろな音符を追加して艶っぽく演奏しています。特に転調後のきらびやかなディレイ部分が気に入っています。

3.夜のストレンジャー
映画「ダイアモンド作戦」の主題曲。映画のタイトルからは想像できない甘いメロディーで、フランク・シナトラが歌い世界的な大ヒットとなり、数多くの歌手や楽団により演奏されています。空間系エフェクト(リバーブ、ハーモニー、ディレイ)を効かせた寺内さんの演奏には、また新しい魅力が感じられます。ノリのいい曲で、私も身体を揺らしながら演奏しています。

4.ブルー・スター
寺内さんが必ずと言っていいほどステージで演奏するビクター・ヤング作曲の美しい曲です。ベンチャーズもスチールギターを使って演奏していますが、寺内さんはディレイタイムを変えたり、ピックアップを切替えたり、ボリューム奏法を取入れたりして幻想的な演奏をしています。終盤のカデンツァとオーケストラバージョンのエンディングが気に入っています。

5.フィード・バック・ギター
寺内さん作曲のオリジナル曲です。フィード・バック(ディレイ、エコー)を目一杯効かせて幻想的な演奏をしています。初期バージョンのメロディーは開放弦を使ってローポジションで弾いていますが、このバージョンはオクターブ高くしてハイポジションで弾いています。この曲も「ブルー・スター」同様、ディレイの設定に苦労しました。

6.雨の想い出
この曲も加瀬邦彦さんが作曲した、メロディーが美しいマイナーコードのラブソングです。寺内さんはディレイとリバーブを効かせた甘い音色で失恋の悲しさを歌い上げています。イントロのカデンツァのギターソロがこの曲の聴かせどころで、私も気持ち良く弾かせてもらっています。2ndギターのオブリガートがリードギターを引き立ててくれます。転調後のビブラフォンによるメロディーがいい感じです。

7.元禄花見踊り
寺内さんが1966年6月に結成したバニーズ時代に発売したLP「正調寺内節」に収録されていた曲です。現在の演奏は当初に比べて多数の音符を随所に追加しており、難しいフレーズが多くなっています。アドリブ部分の琴音色によるフレーズが聴かせどころで、私もブリッジぎりぎりで弦を弾いて琴の音色を楽しんでいます。キーボードの「ピーヒャラヒャラリコ」(笑)も重要なポイントです。

8.ベサメ・ムーチョ
もともとはトリオロス・パンチョスが歌ってヒットしたラテン音楽ですが、寺内さんはディストーションサウンドを駆使した激しいロック調に仕上げています。この曲になるとドラム担当がはりきって叩くものですから、私もドラムに負けないように力いっぱい弾いています。ベースギターの「ブィーン」が入った、アップテンポのかっこいい曲です。

9.ペルシャの市場にて
ケテルビー作曲の馴染み深いクラシック曲です。これもバニーズ時代に発売したLP「レッツ・ゴー運命」に収録されていた曲です。この曲はバラード部分を美しい音色で弾くようにしています。ドラムの間の取り方が難しい曲です。

10.熊蜂の飛行
リムスキー作曲の速いテンポのクラシック曲。「バンブル・ブギー」というタイトルでポピュラー化され、ピアニストが好んで演奏しています。ベンチャーズも「バンブルビー・ツイスト」というタイトルで演奏しています。この曲もLP「レッツ・ゴー運命」に収録されていますが、寺内さんは当時のVoxバズ・トーンを駆使して激しい演奏をしていました。キーボードには随所にグリッサンドがカッコよく入ります。

11.夜空の星
加山雄三さんが弾厚作のペンネームで作曲した湘南サウンド第一弾です。リードギター、2ndギターのかけ合いが楽しいアップテンポの曲です。2ndギターが身体を揺らしながら楽しく演奏している傍らで、私はアドリブで苦労しています。

12.蒼い星くず
弾厚作作曲の湘南サウンド第二弾。これもリードギター、2ndギターのかけ合いが楽しいアップテンポの曲です。40年以上前に加山雄三さんが歌う「夜空の星」「蒼い星くず」のバックで寺内さんが演奏していた姿が想い浮かびます。私も当時を想い出しながら弾いていますが、エンディングがかっこいいノリのいい曲です。

13.ジャンゴ
ジャンゴと言えば、フランコ・ネロ主演のマカロニ・ウェスタン映画「続・荒野の用心棒」が想い浮かびますが、それとは全然関係ない曲です。アップテンポで指運が難しく、ついついミストーンを出してしまいます。でも決まればなかなかかっこいい曲です。

14.白鳥の湖
チャイコフスキー作曲の、バレエ音楽の中でもっとも有名な曲です。この曲もLP「レッツ・ゴー運命」に収録されていますが、幻想的なイントロから、有名な旋律をエレキギターが歌い上げます。途中からアップテンポになり、エンディングのリードギターとバックとのかけ合いのタイミングが非常に難しい曲です。まだ未完成です。

15.ブルドッグ
1965年に「キャラバン」のカップリングで発売されたこの曲は、ベンチャーズのレパートリーの中でもブルース・コード進行の代表曲といえる一曲です。この曲は2ndギターにメロディーを弾いてもらって、私はリズムギターを担当して、ドン・ウイルソンのキレのいいカッティングに挑戦しています。

16.ワンボーイ・ギター
この曲も寺内さんが作曲したオリジナル曲です。テンポが良くてきれいなメロディーです。曲後半のリード、2nd、ベースのかけ合いが面白い曲ですが、低音部のチョーキングの音程があまり上がらず苦労しています。ベースギターの「ブィーン」が随所にかっこよく入っています。

17.ブラック・サンド・ビーチ
加山雄三さんが作曲して、ランチャーズと一緒に演奏していた曲です。湘南の砂は黒っぽいのでこういうタイトルにしたそうです。寺内さんはオリジナルとはかなり異なった演奏をしています。ドラムソロが入ったこの曲はノリがいいので全員が張り切っています。

送料無料 2nd Stage
 (2010-)


 

18.秘密諜報員
ジェームス・ボンドの007やナポレオン・ソロの0011が一世を風靡していたころの1965年に、テレビドラマ「秘密諜報員ジョン・ドレイク」の主題歌としてヒットしました。ベンチャーズはこの曲に女性コーラスをバックに入れてゴキゲンな演奏をしています。この曲も2ndギターがメロディーを担当しています。これもベースの「ブィーン」が随所に入ります。

19.竹田の子守唄
京都伏見の竹田地方に古くから伝わる民謡です。フォーク・グループの「赤い鳥」がヒットさせた曲です。寺内さんは日本民謡独特の節回しでもの寂しいメロディーを切々と奏でています。我がブルー・レイズも幻想的なシチュエーションで演奏する機会があって、急遽レパートリーに追加した曲です。

20.ある晴れた日に
プッチーニが作曲した歌劇「蝶々夫人」は、没落藩士令嬢の蝶々さんとアメリカ海軍士官ピンカートンとの悲恋物語ですが、第2幕で歌われる「ある晴れた日に」は特に有名な曲です。ロマンチスト寺内さんの人柄がにじみでるような、甘く感傷的なギター・ソロが聴きどころです。私もこのフレーズは大好きです。これも転調後にビブラフォンのソロが入ります。

21.蜜の味
ベンチャーズのほかにもハーブ・アルパートなど多数のミュージシャンが演奏しています。寺内さんの演奏はベンチャーズとは異なり、味のある寺内節に仕上げています。私もトレモロの部分が大好きです。難しい3連符の連打でドラムが苦労しています。未完成。

22.涙のギター
作曲はすぎやまこういち氏。日本人の手によるエレキ・ナンバーのビッグ・ヒットです。第1期ブルージーンズの時代に大ヒットした曲ですが、現在の演奏は当初とは比べものにならないほど変化していてコピーが難しかったので、簡単にアレンジして演奏しています。

23.太陽はひとりぼっち
映画音楽ですが寺内さんはノリのいい曲に仕上げてます。私を含め全員がノリノリで演奏する曲です。

24.サーフィン・メドレー
「太陽の彼方に」「ダイアモンド・ヘッド」「パイプライン」をショートver.にしてメドレーに仕上げました。「ダイアモンド・ヘッド」は2ndギターがメロディーを担当しています。ライブの最後に盛上げるためよく演奏します。

25.花笠音頭
ハンマリング、プリングオフを多用して日本民謡独特のこぶしを表現した、まさに正調寺内節といえる曲です。私も教則ビデオを見ながらコピーしていますが、やはり寺内さんのテクニックはすごいものがあります。

26.エマの面影
これも前述のザ・サウンズがヒットさせた曲ですが、寺内さんは原曲にいろいろな音符を追加して演奏しています。テンポが速くてドラムとベースが苦労した曲です。

27.京都の恋
ベンチャーズが作曲して渚ゆう子が歌ってヒットした曲です。ベンチャーズの曲は8ビートが多いのでドラムは楽そうです。これも2ndギターにメロディーをまかせています。

28.二人の銀座
ベンチャーズが作曲して山内賢と和泉雅子のデュエットでヒットした曲です。これも2ndギターにメロディーをまかせています。

29.ベンチャーズ・メドレー
おなじみのベンチャーズ・メドレー。「ウォーク・ドント・ラン」「木の葉の子守唄」「パーフィディア」を2ndギターが担当しています。私はドン・フィルソンのカッティングコピーに必死です。未完成。

30.星への旅路
初めて本格的にベンチャーズに挑戦してみました。テケテケがたくさん入った楽しい曲です。途中キーボードがかっこよく入ります。

31.小さな花
youtubeで見つけた岩手県の「水沢ベンチャーズ」のベンチャーズとは一味違った演奏に魅せられてコピーさせてもらいました。テンポがよくていい曲なのですが、ドラムが裏打ちで苦労しました。

32.夢のカリフォルニア
ママス&パパスの4人組がヒットさせた曲です。これも水沢ベンチャーズの演奏をコピーをさせてもらいました。単純なようで意外と難しい曲です。

33.ダニューブ・ウェーブ
これも水沢ベンチャーズの演奏をコピーをさせてもらいました。原曲は「ドナウ川のさざなみ」というクラッシク曲です。速弾きの箇所がたくさんあり、意外とミスをしやすい曲で苦労しています。

34.白夜のギター
しばらく寺内さんの曲から離れていましたが、久しぶりにオリジナル曲をコピーしてみました。原曲は結構テンポが速いのですが、私はあえて少しスローにしてバラード風に演奏しています。

送料無料 3rd Stage
 (2011-)

 

 

35.エスケープ
これもベンチャーズの代表曲ですね。リズムギターにはテケテケがたくさん入るので私が担当して、メロディーは2ndギターにまかせました。いかにもベンチャーズらしい曲でみんなが張りきっています。

36.ノーエ節
これは寺内さんがステージで必ず弾く曲です。曲の途中に手拍子を入れて、三三七拍子で観客の緊張をほぐします。郷愁的なキーボードのメロディーがいい感じで入って、私もいいテンポで気持ち良く弾ける曲です。

37.ペルシャの市場にてver.2
1st Stage で練習していましたが、盛り上がりに欠けるので途中にキーボードのサビを入れました。サビのあとのドラムの6連ロールからバラードへとカッコよくバージョンアップしてみました。

38.雨の御堂筋
ベンチャーズの作曲で、欧陽菲菲が歌って大ヒットした曲です。これも水沢ベンチャーズの演奏をコピーをさせてもらいました。

39.恋の奴隷
ご存知奥村チヨの大ヒット曲です。寺内さんがディストーションを駆使してカッコよく演奏していたのでコピーさせてもらいました。テンポがよくてノリノリで弾けます。

40.そんなヒロシに騙されて
これもyoutubeで、Cherryというバンドがすごく上手に弾いているのを見つけてコピーしてみました。ベースは高田みづえさんのオリジナルで作ったらカッコよくできました。サーフィン調のテンポのいい曲で気に入っています。現在はオープニングで使っています。

41.旅人よ
ご存知加山雄三さんのヒット曲です。寺内さんが原曲を大事にして綺麗な曲調に仕上げてくれました。

42.チャコの海岸物語
サザンオールスターズのヒット曲です。ベンチャーズが演奏しているのをコピーしてみました。イントロと間奏にエレピアノを入れてみました。

43.ソーラン節
寺内さん定番の曲です。イントロのギターソロがカッコイイのですが、テンポが速くて、寺内さんのように余裕を持って弾くのはなかなか難しいです。

44.ドライビング・ギター
ベンチャーズの代表曲です。メロディーは2ndギターにまかせました。イントロのドラムソロが難しくて苦労しています。

45.真赤な太陽 寺内さんの「エレキで綴る昭和歌謡史」に収録されている曲です。単調な曲でありながら弾き応えのある曲です。

46.サーフ・ライダー
この曲も2ndギターにメロディーをまかせました。少し寺内さんのバージョンが入っています。

47.よさこい節
これも寺内さん定番の曲です。いろんなフレーズがあって楽しい曲ですが、アドリブの部分が難しくて苦労しています。

48.恋のフーガ
ご存知ザ・ピーナッツのヒット曲です。寺内さんがモスクワ公演で弾いていたオーケストラ・バージョンを無理矢理エレキコンボバージョンで作ってみました。

49.黒い瞳
これも水沢ベンチャーズの演奏をコピーをさせてもらいました。繰り返しの多い曲ですが、テンポが速くてリードギターは結構しんどいです。

50.ウォーク・ドント・ラン'64
これもベンチャーズの代表曲ですね。リズムギターにはテケテケがたくさん入るので私が担当して、メロディーは2ndギターにまかせました。

51.悲しき街角
「ランナウェイ」て知られているベンチャーズの曲です。これもメロディーは2ndギターにまかせました。

52.ルージュの伝言
お馴染みユーミンのヒット曲。ベンチャーズバージョンでこれもメロディーは2ndギターにまかせました。

53.黒く塗れ
ローリング・ストーンズのヒット曲です。ベンチャーズバージョンのとてもカッコイイ曲ですが意外と難しい。

54.ホワイト・クリスマス
クリスマスライブのために急遽練習して演奏しました。

55.ジングルベル
これもクリスマスライブのために急遽練習して演奏しました。

56.涙の太陽~タッチ
以前に演奏した2曲をメドレーにしました。